僕らの書展2016inTokyo のコピー.png
僕らの書展2016帰国 のコピー.png
2016帰国uchino のコピー.png

2014.12       

2015.3.25-27  

2015.5.28-6.2     

2015.6.16-18       

2015.8.10-12       

2015.11.18-21     

2015.12.4-6      

2016.2.27          

2016.3.23-25    

2016.5.14-15

2016.5.29-6.3

 

2016.6.15-17 

2016.7.13     

2016.8.25       

 

2016.8.26         

2016.8.27         

2016.9.1 

2016.9.14       

2016.9.15        

2016.9.16      

2016.9.17        

2016.9.18        

2016.9.19     

2016.9.20

2016.9.21-28

2016.9.22

2016.9.24

2016.9.27

2016.9.28

2016.9.29

2016.11.25

2016.12.10

2016.12.17-18

2017.1.22

2017.1.23

2017.2.12

                

2017.3.6-12

ヨーロッパでの僕らの書展の開催を考えるようになる

僕らの書展錬成会(ニューサンピア栃木)

ドイツ(ハノーファー、ベルリン)からウィーンへ、伊藤と佐藤が外遊ウィーン展の会場PALAIS PALFFYを決定する

僕らの書展錬成会(ニューサンピア栃木)

僕らの書展錬成会(ニューサンピア栃木)

内野と佐藤でウィーン展打合せのためウィーン滞在

僕らの書展錬成会(かご岩温泉旅館)

ウィーン展用リーフレットを印象社へ依頼

僕らの書展錬成会(ニューサンピア栃木)

僕らの書展錬成会(かご岩温泉旅館)

泉、伊藤、内野で最終打合せのためウィーン滞在

リーフレットを配布しはじめる

僕らの書展錬成会(かご岩温泉旅館) 

湯山春峰堂へ作品持参、表具を依頼する

柿下先生より銀座アートホールでの帰国展開催が決まったとFAXが届く

出品者全員でウィーン展最終打合せ(鹿沼市まちなか交流プラザ)

帰国展で映像を公開したいとgeidaiRAMの田中沙季さんに連絡、取り計らってくれるとのこと

柿下先生より励ましの手紙が届く

稽古後、浜松町で壮行会をしてもらう浜松町のホテルに泊まる

内野は深夜まで湯山春峰堂にて大督さんと打合せ

全員で出国

ウィーン日本人学校での講座、WUKでのデモンストレーション  (1日目)

WUKでのデモンストレーション(2日目)

色紙を揮毫、現地でお世話になった方々へプレゼント

HumaElevenでのデモンストレーション

搬入展示14:00-17:00、オープニング18:00-21:00

BOKURA NO SHO-TEN,2016

竹澤君、前田君と夕食会

ウィーン楽友協会にてコンサートを鑑賞

通訳のエベリンさんと夕食会

伊藤、佐藤、早川は先に帰国 泉、内野、岡は夕方搬出

泉、内野、岡帰国

第1回本冊子編集会議 青柳菜摘さん、田中さんと映像の打合せ

帰国展用ポスターとDM完成

僕らの書展錬成会(かご岩温泉旅館)

第2回本冊子編集会議

ウィーンの音をテーマにした新作を湯山春峰堂へ持参、表具依頼

第3回本冊子編集会議、原稿入稿 

映像「BOKURANOSHOTENINWIEN2016」完成

僕らの書展 帰国展 ~ウィーンの音~